DIYコラム / スタッフブログ|豊橋市・田原市・豊川市で新築住宅・リフォームならニコハウス設計室。「ずっと安心。家族が笑顔で暮らせる住まい。」をコンセプトにした、子育て世代を応援する豊橋の設計事務所です。自然の力をデザインし、新築からリフォームまで幅広く提案します。無理をしないライフプランのデザインで、未来の大人たちを応援します。

0532-74-1310
お問い合わせフォーム
無料相談会フォーム

DIYコラム / スタッフブログ

TOP02

STAFF BLOGスタッフブログ

VIEW MORE

movieリノベご家族様の声

建て替えを予定されているKさま。

二度目の提案にてプランが決定いたしました。

 

敷地が広いので、その敷地を贅沢に使い、二世帯をしっかり分けた「コの字型」プラン。

お互いにいい距離感で離れるので、生活時間帯の違いによる配慮が少なくすみ、ストレスなく生活することができます。

敷地が広いといっても南側の隣地には2階建てが建っていますので、12月22日の冬至を基準に陽当たりの検討も行っています。

平屋の南側にも十分な陽当たりを確認できます。

冬至に陽が当たるということはそれ以外の日は太陽の角度がもっと高いので1年間の陽当たりが確保できたことになります。

それとあわせて今度は8月頃に室内に暑い日差しが入ってこないように検討をして軒の長さを決めていきます。

よく6月22日の夏至での検討をみますが、そもそもその時期はそこまで暑くないので検討するならお盆前後がいいでしょう。

今回はKさまの要望で和モダンでの外観のご提案なので軒が長いのはドシっとした構えの外観にはピッタリ。

気持ちのいい中庭が出来そうです♪

陽当たり、室温、構造を検討しながら、実施設計へと進んでいます。

8月末よりリノベーション工事をさせていただいているOさま邸。

中古住宅を購入され、住み心地のための断熱改修と、室内をお好みのインテリア空間にする工事です。

元々は築30年弱の建売の住まい。そこから何度かのリフォームを経ているようですが、時代を感じる内装。

思い切って床も解体して室内を断熱補強しながら土間空間も作るというリノベーション。

内装解体を終え、現在は2階より断熱改修工事を進めています。

断熱を補強するやり方はいくつかありますが、一番お値打ちに、そして気密に対しても有効に働くやり方として、壁に桟を打って、断熱をプラスしていきます。

断熱材の種類にもよりますが、おおむね最近建てられている新築の断熱と同じぐらいの性能を持った薄い断熱材を部屋内に施工しますので、元々の断熱と合わせると一般的なこの地域の断熱性能よりもよくなります。

また気密は既存の壁にビニールクロスが張ってありますのでそれを気密層と考え、一部補強をしながら施工をしていきますので費用が抑えられます。

2階は既存の床の上から、新しい無垢の床を施工。

1階の床は断熱を補強した上で、新しい無垢の床を施工していきます。

外観はそれほど変わりませんが、住み心地とインテイリアはがらりと変わります。

リノベーションをお値打ちにされたいという方には既存をなるべく壊さずに利用して足していくことをおススメしています。

天井の高さは一般的な住宅で2m40cmですが、部分的に低く抑えることでその2m40cmを吹き抜けたような空間に演出することも可能です。

吹き抜けが欲しいといわれたこのOさま邸でもリビング以外をあえて低くすることで落ち着きとリビングの開放感を演出しています。

予約制にはなりますがリノベーションが終わりましたら、内覧も出来ますので、リノベーションにご興味ある方はぜひご利用ください。

お問い合わせはこちらから

みなさま、よろしくお願いします。

当社では住まいをご提案する際に、日当たりや風通し、室温や光熱費まど様々なことを決定したプランと合わせてお話しします。

「ニコ断熱」と呼んでいますが、これまでの経験上、この地域で「ちょうどいい」断熱性能であろうと思い、ご提案をしています。

少し前のブログにニコ断熱とは何かの説明があります。

 

「ちょうどいい」というのがポイントなのですが、過度にその性能を負うのは数字上とてもすごい!となりますが、そこには費用がかかるわけですのでやりすぎる必要があるのかいつも悩みます。そこでいきついているのが今の「ニコ断熱」

その性能での住まい(オール電化  太陽光3KW)の年間の光熱費。先日お聞きしたら96,991円でした。

太陽光で売電した分は無視した数字です。

あなたの家の電気代と比べてみてください。

いかがですか?

この住まいはオール電化なので、他に請求の来る光熱費は水道代だけです。灯油やガスは使っていません。

灯油やガスを併用しているあなたのお住まいは20万円以上使っていませんか?

30年住むと考えるとそれだけで300万円以上の光熱費の差額になります。

 

もう一つ大事なことは「ニコ断熱」の光熱費の住まいが快適かどうかということ。

 

当社で使っている1985HEMSという温湿度計での月平均の温度です。(湿度は見にくくなったので消しました)

洗面脱衣所と2階の使用していない部屋の温度なので通常いるリビングや寝室はもっと有利な温度になりますが、夏場は平均28℃以下、冬場は平均16℃以上を家じゅうで保つことが出来ています。

あなたのお住まいだと、おそらく2階に行けば暑いだろうし、真冬にトイレに行けば冷え冷えでしょう。個室ではエアコンがフル稼働し、たくさんのエネルギーを使っているにもかかわらず、「ニコ断熱」の家よりも年間光熱費が10万円以上も高いのです。

 

「ニコ断熱」の家はこの環境を40坪ぐらいまでの家なら一般的な6畳用2台のエアコンぐらいで実現可能です。

安いエアコンでかまいません。どうせ10年ぐらいで壊れてしまいますから。

買い替えの際も費用が少しで済みますので、これを踏まえていくと30年で350万円以上の差が生まれます。

 

快適でオサイフにやさしい住まいを提供し続けています。

すごくいいなーと思ったので急いでブログに書いてみましたが、当社の他の住まいも確認してまとめてホームページにのせようと思います。

過度な性能や理論上の数字よりも、実際の数字はとても共感を生みますね♪

pagetop