DIYコラム / スタッフブログ|豊橋市・田原市・豊川市で新築住宅・リフォームならニコハウス設計室。「ずっと安心。家族が笑顔で暮らせる住まい。」をコンセプトにした、子育て世代を応援する豊橋の設計事務所です。自然の力をデザインし、新築からリフォームまで幅広く提案します。無理をしないライフプランのデザインで、未来の大人たちを応援します。

0532-74-1310
内覧会予約フォーム
お問い合わせフォーム

DIYコラム / スタッフブログ

TOP02

STAFF BLOGスタッフブログ

VIEW MORE

MOVIE代表の想い

豊橋市でお引渡しから1年経ったSSさま邸。

先日1年点検に伺ってきました。

点検では、よく掃除した方がいい部分、そこも掃除できるの?というところのご説明をしてます。

特にユニットバスの排水溝。

使い終わった後、湯船の水を流す際に、流れが悪いなと思ったらだいたいこの部分。

ユニットバス排水溝にはヘアキャッチの部分があり、そこは皆さんこまめに掃除されます。

ヘアキャッチを外した先に、封水を兼ねた外れる部分があり、この部分が皮脂汚れなどで海藻のような汚れが付着し、流れが悪くなります。

3か月点検ではまだきれいなのでお伝えしても忘れてしまいます。1年点検ならではです。

庭先にものすごく増える植物があるけど、植えましたか?と聞かれました。

いえ、植えてないです。元々、自生していたフキノトウでした。

そうとう抜いたみたいですが、まだまだ元気に育ってました。

 

SSさまのとてもえらいなと思うことは、電気の使用量をチェックしていただいている点。

オール電化で太陽光が4KWのっていますが、年間の電気代は130,103円でした。

みなさんの住まいと比べていかがでしょうか?

この建物はUa値0.24 C値0.10の高性能な建物で、夏は6帖のエアコンをかけっぱなし、冬は床下エアコンをかけっぱなしで家じゅうの室温も安定しています。

おどろいたのは当時やってみたシミュレーションとの比較

年間光熱費の金額がわずか319円の差でした。

ゴチになれるレベルだと思います。

約2年前、当時のシミュレーションなので電気料金の設定が今とは違っていますので、シミュレーションよりもいい結果となっていました。

電気使用量はもうちょっと頑張れそうな気がしますが、あまり無理すると嫌になりますのでほどほどで。

SSさま点検ありがとうございました。

また貴重なデータも大変参考になります。

引き続き、少ないエネルギーで快適にお過ごしください。

2年点検も楽しみにしています♪

豊川で内覧会を開催させていただいたYさま邸。

内覧会後、お引渡しをさせていただきました。

内覧会中、休憩のお茶菓子をいただいたり、おやつのドーナツをいただいたりたくさんの気遣いをしていただきありがとうございます。

建物をお借りしている身なのでとても恐縮です。

内覧会は気候がよく植物は華やかでとても気持ちのいいものになりました。

 

お引渡しは家族みなさんで来ていただけました。

お引渡しの際には30分ほどのお時間をいただき、建物の簡単な使い方の説明をさせていただきます。

私がとくに重要に考えているのは住まい方。

高気密高断熱の家に住んだとしても、住まい方を間違うと省エネにはつながりません。

そのため、各季節に合わせた住まい方をまとめた資料をお渡しさせていただいてます。

それ以外の一般的な機械の使い方はほどほどで。説明書があるのでなんとかなります。

床下エアコンの使い方、夏用エアコンの使い方、第一種熱交換換気のフィルターの3つは時間をとってしっかりと説明いたします。

それでもいざという時には忘れてしまうでしょう。

その時は、住まい方のまとめた資料を見てしっかり復習してください。

いつも様々な気遣いをいただいたYさま。

現場の職人一同で、感謝申し上げます。

お引渡しの際にも喜んでいただいているのが伝わってきて、この仕事に携われたことを大変うれしく思います。

お引渡し後も長ーいお付き合いになります。

Yさま引き続きよろしくお願いいたします。ご新築おめでとうございます!

 

豊橋で施工中のKさま邸。

雨の多いなかでしたが、無事基礎が完成いたしました。

敷地内同居のため、敷地自体がとても広く作業はとてもやりやすい。

会社から近いため、できる限り現場に出向いて社員の勉強の場にもなっていくのかなと思います。

弊社は床下エアコンを採用する場合、基礎断熱工法をとっています。

そのため可能な限り断熱材が連続するよう、基礎及び上部の木構造に配慮しています。

基礎工事完了後、土台を敷くまでに日数があいてしまう場合は、断熱材が紫外線劣化してしまうのでブルーシートをかけるようにしています。

今回はすぐに土台施工させていただくため、養生はせず大工さんの登場を待ちます。

 

しかし上棟予定日の天気がいまいち怪しい。

現場を担当する棟梁がものすごい力を持った雨男で(…涙)これまでも何度となく延期をした経験があります。

今回は曇りと晴マークだったり、ちょっとだけ雨に変わったり。

弊社は高気密高断熱住宅のため、水分は天敵と考え可能な限り雨の日は避けます。

Kさまと私の力で雨男のパワーを追いやり、せめて曇りになればなあと思います。

もう一日天気予報を見ながら来週の判断をしたいと思います。

Kさま、日程の件もう少々お待ちください。

pagetop