住まいの情報|豊橋市・田原市・豊川市で新築住宅・リフォームならニコハウス設計室。「ずっと安心。家族が笑顔で暮らせる住まい。」をコンセプトにした、子育て世代を応援する豊橋の設計事務所です。自然の力をデザインし、新築からリフォームまで幅広く提案します。無理をしないライフプランのデザインで、未来の大人たちを応援します。

0532-74-1310
内覧会予約フォーム
お問い合わせフォーム

住まいの情報

TOP03

HOUSE INFORMATION住まいの情報

VIEW MORE

朝晩そして日中もずいぶん涼しくなってきました。

外気温及び湿度も下がってきて、高断熱高気密な家は窓を開けて快適に過ごす季節となりました。

そうなると夏のエアコンを切ってしまうわけですが、来年に向けてやっておくといいと思うことを紹介いたします。

 

以下は弊社のような高気密高断熱住宅のお話になります。

夏場のエアコンは止めずにずーっと使いっぱなしだったと思います。

暑く湿度の高い空気を一生懸命に除湿し、屋外へ水分を排出してもらったエアコン。

でも突然止めると、内部が結露したままエアコンのふたがしまりますので、カビには過ごしやすい機械内環境となり、来年使おうと思ったときに一からの掃除となり大変です。

以下は弊社のような高気密高断熱住宅のお話になります。

夏場のエアコンは止めずにずーっと使いっぱなしだったと思います。

暑く湿度の高い空気を一生懸命に除湿し、屋外へ水分を排出してもらったエアコン。

でも突然止めると、内部が結露したままエアコンのふたがしまりますので、カビには過ごしやすい機械内環境となり、来年使おうと思ったときに一からの掃除となり大変です。

弊社では、エアコンを止めてしまう前に送風モードでエアコン内を乾燥してもらうことをおススメしています。

送風モードは電力消費が20W程度なので、1日中つけても15円程度と、カビ掃除の労力に比べたら比較対象にもならないぐらいです。

そうすればカビが繁殖するなんてことにはなりません。

ちょっとしたことですが来年に向けてとても大事なことです。

 

また弊社では各部屋にエアコンの冷気を届けるため、部屋間にダクト換気扇がついていますがこれも同じく、急に止めてしまうとカビの原因となってしまいますのでしばらく送風をしていただいたのち、切っていただくようにしています。

 

最後に弊社で最近使っている夏用エアコンのご紹介。

メーカーの回し者ではないですが、夏用エアコンは富士通ノクリアを採用しています。

これまでカビに悩まされていた夏用のエアコンですが、機械本体に『加熱除菌』というものが付きました。

これが優れもので掃除しにくい熱交換器部分を55℃以上の熱でカビが除去されるそうです。

小一時間部屋の中で熱くなるため、窓を開けられるこの時期なら安心して除菌ができます。

詳しくは富士通 ノクリアホームページへ

快適に暮らせることは、しっかりしたメンテナンスの上になりたっています。

なるべく手間をかけず、メンテナンスがしやすいことが、結果的にいい住まいを長持ちさせることにつながります。

お世話になった夏エアコン、みなさんしっかり掃除して来年にそなえましょう。

除菌ができなかった方、カビを閉じ込めておいてもいいことはありません。

早めにプロのお掃除屋さんに頼みましょう!

梅雨も終盤。いよいよ暑い夏がすぐそこまでやってきました。

今回のテーマは『夏エアコンの電気代』です。

『夜まで暑かったからエアコンはタイマーにして夜中に消すようにした』

『夜になると外が涼しかったから窓を開けて寝たよ』

『エアコンが切れたらすぐに暑くなってまた電源つけました』

一般的な使い方はこのような感じの方が多いように感じますが,『ぐっすり眠る』ことを優先したほうがいいのになーと思って聞いています。

昔ながらの断熱性能の低い家の人ほど,夏のエアコンを我慢する傾向にあるように感じます。

エアコンって1日中かけていくらぐらいか知っていますか?

エアコンの使用は同じ条件で断熱性能を変えて検討してみます。

 

31坪平屋の住まいでエアコン1台使って家中冷房の検討(リノベモデルではありません)

一番暑い8月をシミュレーションしてみた結果  (1KW=33円 で計算)

弊社が建てている高気密高断熱住宅の場合

1か月使用して,電気使用量131KW   4,332円

平成4年ぐらいの低断熱の住まいで同じエアコンの使い方をした場合

1日のエアコン電気使用量が221KW  電気代換算で7,305円

だいたい倍近い電気使用量になりますが室温の安定感も前者に軍配が上がります。

1枚目がUa値0.24 

2枚目が平成4年ぐらいの低断熱の住まい

エアコンは6帖用を1台設置で設定していますが高断熱の住まいは各部屋の室温が安定しています。

年間を通すと3万円ほどの電気代の差になりますので30年で90万円,断熱材の差額は十分元が取れます。

それ以上に快適性が違ってきます。

実際の1日の温度の変化がこのぐらいなので,どの部屋も快適な状態が月々4000円ぐらいの空調代で実現できます。

 

私が住んでいる自宅兼リノベモデルの室温ですが同じように1日を通してほとんど変化はありません。

1Fも2Fも違いがないためグラフが重なってしまっています。

ご興味ある方は常時見れますので遠慮なくご覧ください。…読み込み時間がちょっと長いです(汗)

リノベモデル今の室温はこちらから。

使っている空調は6帖用エアコン1台のみです。

リノベモデル兼自宅で電気代を測定していますがエアコンの使用電気量は1日2.5KW程度です。

15時~エアコンの電気代が高くなっているのは建物が45度振っていて,西日が差し込んでいるからです。

1か月に換算して75KW。金額は2, 475円。(もう少し暑くなれば4000円ぐらいにはなると思います)

これで家じゅうがさらっとさわやかな感じで快適になっています。(場所によっては寒いと言われるので改善の必要あり)

これにより私は毎晩ぐっすり眠れています。

無駄に使うエネルギーはなるべく減らした方がいいですが,必要なエネルギーを我慢するのは人命に影響を及ぼします。

正しい知識を持って,夏の暑さを乗り切りましょう。

 

家が暑くて大変というご家族は,まずは窓から入る日射熱をカーテンでなく,屋外側で防ぐことが最大級に重要なことになります。

その上で消費電力の少ない扇風機やサーキュレーターを使い,エアコンとお付き合いください。

消費電力を少なくしながら,快適に過ごしたいという相談はどなたでも無償で承ります。(自宅を見に行くことはしませんが)

快適で省エネな夏を過ごしていただくことを願っています。

新築から10年~15年もすると機器類が壊れたり,生活スタイルの変化で直したい部分がでてきます。そうだ!リフォームをしようということになりますが,今回は弊社がおすすめする優先順位を紹介いたします。

一般的には目に見える部分から手をだしたくなるので

一般的な考え

第一位:外壁塗装
第二位:水廻り
第三位:クロスの張り替え
第四位:床や間仕切り変更
etc

という順序になりがちですが,これらは変えた瞬間はよくなったと思えるのですが数か月もすると慣れてしまいますし,何より根本的な住み心地が改善されていません。

弊社の場合は

弊社のおすすめ

第一位:断熱改修(できれば耐震も)
第二位:庭リノベ
etc

 

外壁はサイディングであれば真っ先に再塗装するべきです。

サイディングは塗装でもたせる防水なので塗装が怪しくなってくると基材となる木材繊維とセメントが吸水し(染み込む)サイディング自体の劣化がはじまります。

サイディングは吸水しだすと強度がなくなってきますので,その際は張り替えなど大きな費用がかかります。

余談ですがこういうこともあって弊社では塗膜頼りのサイディングは一切使っていません

 

水廻りは機器類が壊れたという決定的なことがない限り優先順位を低く考えることをおすすめします。

理由は生活をする上で,新しくなるだけで快適性において何も変わらないからです。新しくしてもしばらくすると飽きます。クロスも同じだと考えています。

 

塗装,水廻り,クロスの張り替えは,よほどのことがない限り会社ごとの違いはありません。どのメーカーを選ぶのかの違いだけだからです。

技術の差でなく,各社の提供金額差だけなので,弊社ではつながりのある方以外,依頼をお断りしています。

 

弊社おすすめ第一位の『断熱改修』住み心地が劇的に変わります

 

高断熱の住まいを体験することが一番なので弊社リノベモデルを体感されるのがおすすめですが,これまでの住まいは何だったんだ?!というぐらいに過ごしやすくなります。

電気使用量が少なくても広い範囲を暖めたり涼しくしたりできますので経済的です。

家全体をやらなくてもエリア断熱といって家の一部を高断熱化することも可能なので居住時間の長いLDK+水廻り+寝室をやるのは生活がその中で完結でき,快適さが体感できます。

断熱するのが一部分すぎる,例えば水廻りだけとかだと効果は感じずらいのでそれなら設備交換型のリフォームで対処したほうがいいでしょう。

また地震がくるのはわかっていることなので予算があるなら合わせて耐震改修することをおすすめしています。徹底的にやれば暖房なしでもこれまでの住まいより快適に過ごせます。

高断熱化の際の注意点は気密化と湿気対策です。気密化はかなり浸透してきましたが湿気対策はまだまだ一般的になっていません。

なんとなく高断熱高気密にすると逃げ道のない湿気によりカビの発生,木材腐朽にもつながるため,依頼先の知識と施工レベルが重要となります。

 

弊社おすすめ第二位は『庭』です。

見落としがちですが,庭がよくなると住まいとしての居心地の良さが変わります。

大きな窓があってもカーテンをしているお宅がたくさんありますが何のための窓でしょうか?!窓の先に魅力的な『庭』がなく,人目が気になるから閉じてしまう。

大きな窓を開け放ち,庭とつながったリビングは劇的に居心地がよくなります

人目が気になるなら植栽や木塀などで目隠しをしてあげればいい。

季節を感じられる庭での食事は外食以上の特別な時間とゆとりをもたらします。

こういったことは設備の更新やクロスの張り替えでは体験できません。

 

最終的には予算によりますが,違った角度からリフォームを考えると劇的なリノベーションへとつながります。

大きな費用がかかりますのでなんとなく決断してしまう前に,ちょっと立ち止まって考えるとよりよいリノベーションとなるはずです。

pagetop