住まいの情報|豊橋市・田原市・豊川市で新築住宅・リフォームならニコハウス設計室。「ずっと安心。家族が笑顔で暮らせる住まい。」をコンセプトにした、子育て世代を応援する豊橋の設計事務所です。自然の力をデザインし、新築からリフォームまで幅広く提案します。無理をしないライフプランのデザインで、未来の大人たちを応援します。

0532-74-1310
お問い合わせフォーム
無料相談会フォーム

住まいの情報

TOP03

HOUSE INFORMATION住まいの情報

VIEW MORE

弊社ではグラスウール,ネオマフォームという2種類の断熱材を,使う部位,物件によって使い分けています。

結論を先にお伝えすると『コスト』と『施工精度』を大事にしているからです。

同じ断熱性能分の厚みを弊社の『コスト』で比較するとネオマフォームはグラスウールの2.35倍ほど高くなります。

『施工精度』とは…同じ断熱材でもちゃんと入れた場合となんとなく入れた場合とで実際の性能値が最大で2倍ほど違うこともあります。

100㎜の断熱材でも入れ方で50㎜分しかきいてないってことです。

断熱と防湿の精度の高い施工はとーーーーっても難しいということは知っておく必要があります!

 

最初にグラスウール  弊社ではパラマウント硝子工業のフルカットサンを使っています。

グラスウールはコスト面でお値打ちで,使いやすい材料ですが高い施工レベルが必要になります。

一般的な壁はわりと簡単に施工できるので,丁寧な施工を心掛ければ一定の性能は確保できます。

難しいのは障害物がある場合と屋根面を施工する場合。

障害物の廻りは断熱材を丁寧にカットし,どうしても難しい箇所はウレタンなどを吹き付けて補填する必要があります。

屋根面は吊り木と呼ばれる木材があるとそのまわりを隙間なく埋めるのはほぼ無理です。おおよその施工になります。

また屋根は平らでないため,断熱材のカットをその屋根勾配に合わせて丁寧にやらないと隅の方では必ず断熱欠損がおこります。

最後にグラスウールを使った場合は湿気対策として防湿層を施工する必要がでてきます。

湿気は小さな隙間でも入ってくるため,連続させることが重要ですが,現場では連続させることが困難な個所が山ほどでてきます。

対策を考えて施工をしない場合,連続させることはほぼ不可能でしょう。

施工が難しいので,コストはお値打ちでも手間がとてもかかるのがグラスウールの特徴です。

 

次にネオマフォーム

ネオマフォームはコストが高いのですが施工精度の面でとても有利です。

弊社ではネオマフォームを外断熱で使うようにしていますが,家じゅうをすっぽり覆うようにして施工します。

外側から貼るため,目視でスキマが見つけやすく,目地を気密テープで止めていくので気密層がつくりやすくなります。

施工手間はネオマフォームの方が少なくてすみます。

外断熱の場合,防湿層が不要になるので電気配線と防湿面のわずらわしさから解消され結露の心配がぐっと減ります。

またネオマフォームは防火面でも認定が取れているため,木の外壁を施工する際の相性もバッチリです。

製品コストが高い点は手間の削減で補うことが出来ますが,グラスウールのような吸音性がないため,室内の反響音が気になることがあります。

施工の点で雨が降っている時や,雨でぬれた次の日など施工をすることが出来ないので,外断熱を覆うまでの雨養生の手間がかかります。

濡れたまま施工した場合,その面は二度と乾きませんので間違いなくカビが発生することになるでしょう。

 

この2つの特徴をお施主さまにお話しし,理解をしていただきながら断熱の提案をしています。

合わせ技も使いますし,どちらか片方だけということもあります。

そこは単純に『コスト』と建物形状による施工難度に伴う『施工精度』を加味いたします。

 

余談ですが弊社の最近の住まいではUa値は0.3ぐらい,気密性能はC値0.3ぐらいですがこのぐらいだと,12月ぐらいの外気温でも無暖房で現場内はとても暖かく感じます。

しっかりした高断熱住宅にしたい方,遠慮なくお問合せ下さい。

お問合せはこちらから。

ここに書いていない断熱材

□吹付ウレタンフォーム

□セルロースファイバー

□調湿系断熱材(木質断熱,羊毛断熱等)

以前使っていたこともありますが,なぜ選択肢からはずしたのか・・・,知りたいマニアックな方もぜひお問合せ下さい。わかりやすくご説明いたします。

弊社は自然素材のみを使った提案をしています。

大きな面積を占める天井と壁の仕上げ。

一般的にはビニールクロスの仕上げがほとんどですが,当社では一切使用していません。

なぜ使わないのか?とうことを防湿気密と合わせて書こうと思います。

結論を先に書くと一番の理由は壁体内結露対策です。

リフォームなどで壁紙を張り替える際,黒ずんでいるのは間違いなく結露によるカビです。

いくら壁紙を張り替えても根本的な解決をしない限り,引き続きカビに悩まされます。

 

当社の壁の構成は以下のようになっています。

壁の中に湿気を入れないことが最重要になってきますので外部では気密を取り,内部からは防湿層(湿気を入れない層)をつくります。

当社では外部側にネオマフォームという湿気を逃がしにくい素材を使っていますので湿気を逃がすのは室内側です。

そのため可変透湿シートというちょっとお高い素材で防湿しています。

湿気は高い側から低い側へ移動します。壁の中の相対湿度が屋内より高くなった場合に,シートが防湿から透湿に変わり,湿気を屋内側に逃がしてくれます。

イメージとして,冬は防湿で入れない,夏は透湿で逃がすという感じです。

そのため壁の仕上げは湿気を通しやすいもの,しっくいや珪藻土,紙クロスなどで仕上げないと意味がありません。

可変透湿シートを使っていても,ビニールクロスで仕上げるとそのクロスが湿気を通さないため無駄になってしまいます。

しっかり防湿しているから壁内には入りません』と言い切っているとしたらそれはうそになります。

めちゃくちゃ丁寧に作っても入るリスクがゼロではないため,その対策をしておく方が間違いないということで部材の選定を行っています。

 

一般的によくつくられている建物で結露に対して大ピンチ!な壁はどうかというと

屋内側には防湿ビニールやビニールクロスが貼られますので,屋外側に湿気の通しやすい面材を貼ってそちらへ逃がし,通気層を通って屋外に排出します。

構造用面材の種類を選ばないと湿気が逃げていかず,壁の中にとどまり,壁体内結露の原因となります。

構造用合板やOSB合板などは湿気が逃げないので,壁の中では結露リスクが高まります。

さらに外部の通気層が大事で,横胴縁とした場合,エアホール胴縁と呼ばれる穴の開いた胴縁のみや,胴縁ごとに隙間をあけるような施工では通気量が足りてるように思えません。

通気が足りないとどうなるかというと,壁に緑色の藻がついたり,胴縁のあるとことないとこで外壁の汚れの差がでてきたりします。

湿気がとどまり,外壁の裏側で悪さをしている証拠です。

いっそ構造面材を貼らないような施工はどうなの…?となりますがそもそも壁の中に外気が入りますので断熱が良くてもあまり意味がありません。

コンセントの穴などから風がくるのは,防風層がしっかりできていないせいです。

 

こういった防湿,気密で重要なのはとにかく施工精度

請け負った会社や設計した人側はちゃんと図面に書いてあったりしますが,現場はそんなにうまくはいきません。

職人さんの仕事を張り付いてみているわけでもないので,ほとんどの場合,防湿,気密は『このぐらい』で施工しているでしょう。

湿気は小さな隙間でも簡単に行き来できます。

 

木造住宅を長持ちさせるには水分対策,とくに結露対策をしっかりしておくことが最重要です。

壁体内結露がなくなるような施工精度の高さと施工者の理解が求められます。

雨の日に,外断熱をやっている現場や,雨の次の日に屋根のルーフィングをやっている現場など…,工程が間に合わないのか見ていてとても心苦しくなります。

お施主さんに指摘されなければいいのではなく,ちゃんとした施工をしていくのが請け負った責任だと思っています。

秋らしくなり,朝晩はずいぶん冷え込むようになりました。

自宅兼用のリノベモデルで寝起きをするようになり,約20年前,この仕事をする前に建築された我が家との温度差には日々驚かされます。

実際の比較対象があることはとくにリノベーションを考えられている方には興味深いことだと思います。

私自身はめちゃくちゃ興味があって,頻繁に測定をしていますのでそれをお伝えいたします。

結論を先に伝えると朝起きて,断熱のいい住まいでは暖かさを感じるのですが断熱の悪い家では寒さを感じます。

測定した日は前日が雨で気温が上がらず最高気温17℃,測定した朝は18℃の日です。

 

最初に断熱性能の悪い方の家。

20年前の住宅の性能値:Ua値 0.85  C値は未測定(スカスカです)

グラスウール10Kで 屋根壁ともに100㎜程度  床は スタイロ30㎜程度

興味深いのは家が小さいのでUa値だけを見るとこの地域の基準Ua値0.87よりちょっといいところ。

いつも使っているシミュレーションソフトで近しい気温の日を選んでシミュレーションしてみると

外気温が2~3℃違いますが寝室が19.3℃になっています。

それで実際の気温が20.1℃でした。

 

一方断熱のいい方の家。

リノベモデルの性能値:Ua値 0.24    C値 0.8

グラスウール16K換算で 屋根は400㎜相当 壁は200㎜相当 床はスタイロを120㎜相当

同じくシミュレーションソフトで近しい気温の日を選んでシミュレーションしてみると

先ほどの家よりもオレンジ色が多くなり,暖かそうに見えます。

同じく外気温が2~3℃違いますが寝室が21.3℃になっています。

実際は24.1℃でした。

 

この4℃の差を『4℃だけか』と思うか『4℃も違う!』と思うかは人それぞれですが,行き来をしてみるとその快適さの違いを肌で感じることが出来ます。

感じ方はまったく違い,寒い側から暖かい側に入ると『暖房をしているのか?』と思えるぐらいです。

 

これからまた寒い冬が来ます。

無駄にお金のかかる全館空調に頼るよりも断熱気密計画をしっかりしたほうが,快適さもイニシャルコストも抑えられ,住んでいる間ずーっと快適さを保てます。

断熱気密に気を使った家づくりをしていますのでご興味あればお問合せ下さい。

お問合せはこちらから。

当たり前の快適さを提供しています。

pagetop