住まいの情報|豊橋市・田原市・豊川市で新築住宅・リフォームならニコハウス設計室。「ずっと安心。家族が笑顔で暮らせる住まい。」をコンセプトにした、子育て世代を応援する豊橋の設計事務所です。自然の力をデザインし、新築からリフォームまで幅広く提案します。無理をしないライフプランのデザインで、未来の大人たちを応援します。

0532-74-1310
お問い合わせフォーム
無料相談会フォーム

住まいの情報

TOP03

HOUSE INFORMATION住まいの情報

VIEW MORE

いよいよ夏本番の暑さになってきました。

そこで今回のテーマは 『夏家電のおススメの使い方』 です。

 

まずは『エアコン』

外気温が30℃を超え、湿度が高いような場合は絶対に 『エアコン』 を使ってください。

我慢は命の危険につながります。

また風があっても湿度が高いような日も我慢せず『エアコン』でお過ごし下さい。

エアコンっていうものは例えば26℃設定にすると、吹き出し口は20℃を下回る温度になります。

その部分で結露がおこり、家の外にあるホースから水が出てきます。そのおかげで家の中の湿度も下がり、さらっとした部屋の空気になるわけです。

ちょっと涼しくなってきたからといって、湿度の高い外気を入れると湿度が上がり眠るころには不快な室内環境になったりしますので、外気の湿度が70%を超えるようだと夜も引き続きエアコンを入れておくことをおススメします。

冷房を使うか、除湿を使うのかの目安ですが、26℃台で60%台の環境だと快適に感じると思いますので、室温が高いようなら冷房、湿度が高いようなら除湿がいいと思います。

ただし、28℃で60%ぐらいの環境でも26℃まで温度を下げると湿度が70%ぐらいになり不快に感じるかもしれません。

(温度によって持てる水分が違うため、温度が下がると湿度はあがります)

冷房運転は目的の温度になるとほとんど電気を使わなくなりますので、頻繁に運転の切り替えをするよりは、そのままで冷房運転をおすすめします。

夏にエアコンが効かないといわれる方がいますが、その場合、エアコンが悪いのではなく天井に入っている断熱が悪いはずです。

断熱の改修が難しい方は、なるべく床に近い生活(例えば畳で横になる)のようなことなら不快には感じないかもしれません(笑)

 

次はエアコンと一緒に使ってほしい、 『扇風機』 に代表する風をおこせる機械。

ざっくりですが、風速1mで体感温度1℃マイナスといわれていますので扇風機の弱運転でも2℃ぐらいは低く感じます。

扇風機などを有効に使えている部屋であれば室温設定は27~28℃でも十分快適に感じられるはずです。

電気代は1台30W程度なので、裸電球の半分程度で、省エネ性も導入費用もとてもメリットのある商品です。

見た目がちょっとなあって方は、天井につけるシーリングファンもおすすめです。

 

同じ扇風機でも最近はやっている 『冷風機』 についてですが、これは使い方によって室内環境を悪化させてしまうので要注意です。

冷風機は水を利用して冷たい風を吹き出します。

風にあたっている部分は涼しいのですが、室内はその水により、湿度が上昇してしまいます。

エアコンがない部屋で外気が蒸し暑く感じるときに使うと、寝る間もつけっぱなしにしないと、とても寝苦しい夜になってしまいます。

使い方として、エアコンを使うほどではないけどちょっと暑いなーってときに窓を開けて風の取り込みと並行して使うと、有効だと思います。

 

最後に家電ではないですがカーテンなどに代表する 『日除け

窓ガラスは、夏の南面で平均133W/㎡、東西面は平均318w/㎡。よくある掃き出し窓といわれる窓だとこの3倍の熱が入ってきます。

こたつの電源を入れて、冷房運転のエアコンをつけているようなものです!!!

日よけの大切さを感じる一番の方法は木陰に入ることだと思います。その違いを家の大きな窓にぜひ追加しましょう。

室内につけるよりも大きな効果の得られる 『』 。

最近はかっこいい見た目のものも登場しています。

コロナの影響で換気の必要性もありますので、この際 『』 での日よけぜひおススメします。

”日よけは外で”キャンペーンはこちらから

写真を撮ってぜひご応募ください。

 

今年の夏は暑くなるそうです。

なるべく少ないエネルギーで快適な室内環境にて熱中症対策をしてください。

何かいい方法ありますか?と疑問がある方はこちらから。

みなさまよろしくお願いします。

今回のテーマは『塗り壁とクロス どっちにする?』です。

皆さんご存知の通り塗り壁はクロスよりとても高価な素材です。それでも30年住むことを考えるとどうでしょうか?

それをふまえて考えてみたいと思います。

クロスといっても壁の呼吸をさまたげてしまうビニールは基本的におすすめしないので自然素材系のクロスとの比較です。

 

ニコハウス設計室では自然素材の塗り壁と自然素材系のクロスの差額が1㎡あたり2000円です。

2000円というのはベテランの左官屋さんに塗ってもらう手間賃と塗り壁材量です。

先日もDIYで施工された方がいますが、お施主さま自身で施工するとその2000円がなくなり、クロスと同金額で塗り壁になります。

1㎡あたり2000円とはいっても家は何㎡あるんだということになりますが、一般的な35坪~40坪ぐらいの住まいで壁はだいたい300㎡。

左官屋さんに塗ってもらうと単純にその差額60万円。

これだけを見ると『高い!』と感じてしまうのかもしれませんがこの300㎡をクロスで仕上げ、そのクロスが汚くなってきてた将来全てリフォームをすると職人さんを迎え入れるための片付けをして、1~2週間の不便を感じてだいたい55万円です。

クロスは剥がれたり目地が切れたりすると一般の方では手に負えないわけですが、塗り壁の場合、クラックが入っても壁にポスターを貼った穴でもご自身でメンテナンスが可能です。

クロスは静電気をおびるため、ほこりを寄せ付け壁が汚くなってきますが、塗り壁の場合はそれがありません。

 

少しづつ塗り壁はありじゃないか!と思えてきませんか?

最初の差額がどうしても難しい場合は、DIYで、そうでないなら左官屋さんにきれいに塗ってもらってあとは自身でメンテナンス。

高そうなイメージのある塗り壁ですがこうして比べてみるとけして手の届かないものでもないですし、将来メンテナンスにお金がかかることもなくなります。

そんなことをお伝えしながら住まいの設計を行っています。

クロスの家なのにわざわざはがして塗り壁にしたという話もよく聞きますので、ケチらずに最初からやった方がいいと思いますよー。

ちょっと話を聞いてみたいなと思った方、新築でもリフォームでも対応可能です。

お問い合わせはこちらから。

住み心地を大切に。

 

余談ですが…

DIYで300㎡を施工すると、『どのぐらいの時間がかかるんですか?』と聞かれます。

初心者の女性スタッフが塗ってみてその時間をはかるとだいたい6㎡ぐらいで2時間半。

1人でやったら125時間かかります(汗)

週末お友達を呼んでわいわいと言いながらみんなで施工すると2週間程度で完了します。

全部は無理でも一部でも施工してみると、愛着もわいて、自宅でのお酒の席ではいつまでもつきない話のネタになります(笑)

どんな住まいにしたいですか?との要望をお聞きすると、必ず上位に来る収納。

どのぐらいほしいですか、と、聞くと「なるべくたくさん」と答えられてしまうので、まず何があって、それをどこにしまいたいかをお伺いします。

適材適所という言葉がありますが、収納はまさにそれがぴったりで、使う場所の近くにその収納があるべきだと考えます。

そうするとあちこちにそれほど大きくない収納ができますがその方が片付けの効率は圧倒的によく、使いやすいと思います。

またその収納する際のアクションの数を減らすことをおススメしています。

アクションとはその手数。

例えば

①しまう場所に行く ②扉を開けて ③その中の引き出しを開けて ④収納して ⑤引き出しをしめて ⑥扉を閉める

これだと6回のアクションになりますが、毎回これだと結構めんどくさい。

そうなると隠すためにつけた扉が開けっ放しになったりするわけです。

特にウォークインクローゼットなどは行く頻度が多いので、その扉の開け閉めをしないようになっていきます。

 

私の提案するクローゼットまたはウォークインクローゼットは基本的にオープンで扉はありません。

パイプがついていたり、棚がついていたりするだけです。

それが普段いる場所から見えないように作ってあげれば、①その場に行く ②しまう

という2回のアクションだけで、かたずけが完結します。

使う頻度が多いものほど、この2回のみだとさっとかたづけられるので、普段過ごす場所が散らかっていることも少なくなるはずです。

おまけで扉がなくなるとコスト削減にもつながります。

 

それからかたづけが苦手な方がよくやる「物の上に物を置く」という収納。

そうならないために収納には高さの変えられる棚板を設置しています。

その奥行も深すぎると「物の手前に物をしまう」ということをやり、奥のものが何だったのかわからなくなるので棚板の奥行は300㎜を基本としています。

あとはお伺いした収納したいものに合わせ200㎜~400㎜ぐらいの奥行を使い分けます。

 

ここから先は余談で収納棚板の材と収納自体の壁の話。

 

棚板の材にもこだわりがあり、シューズクローゼットや食品庫などはスギの無垢板を使用しています。

足場板のような雑な材料で、節やソリもありますが、スギ自体が湿気の吸放出をしてくれ、臭いなどもとってくれるためです。

素朴な材ですが既製品の棚にはないとても有利な部分だと思っています。

 

最後に収納内の壁材。

見えない部分なので当社では構造用合板(ラーチ合板)のやすり掛け仕上げとしています。

一般的には石膏ボードの上に仕上げがしてあることが多いのですが、収納の壁が白くないといけない理由はなく、物を当てても傷むことがなく強度があり丈夫です。

住んでみて、足りない部分は壁にフックをつけたりも、合板なので問題なし。DIYで棚板を壁につけることも可能です。

 

何も考えず、普通に作ると「枕棚」という床から1800程度の高さの棚と「中段」とよばれる床から800程度の棚だけでとても使いづらくなってしまいます。

 

たかが「収納」ですがちゃんと考えて作ってあげると、使い心地のいい「収納」になります。

pagetop