住まいの情報|豊橋市・田原市・豊川市で新築住宅・リフォームならニコハウス設計室。「ずっと安心。家族が笑顔で暮らせる住まい。」をコンセプトにした、子育て世代を応援する豊橋の設計事務所です。自然の力をデザインし、新築からリフォームまで幅広く提案します。無理をしないライフプランのデザインで、未来の大人たちを応援します。

0532-74-1310
お問い合わせフォーム
無料相談会フォーム

住まいの情報

TOP03

HOUSE INFORMATION住まいの情報

VIEW MORE

毎日が過ごしやすい季節になり窓をあけていても本当に気持ちがいいです。

ずーっとこんな感じの季節ならいいのですが、この先には暑―い夏が待ち構えているわけです。

 

この時期のお客様にある質問、「高断熱の家は夏暑くないですか?」というもの。

そのままなら「暑い」です。

高断熱よくないじゃんって思われるかもしれませんが、あくまで「そのまま」ならです。

窓から入る日射をそのまま取り入れているのが一番の原因。

高断熱の家で、特に軒の出が少なく、窓が多い家はこうした現状になっています。

(低断熱の家も昼間は温室のようになりますが、断熱性が低いと夜にはさっさと暑さが逃げていきます)

 

最近では緑のカーテンなどを使って日除けをしているケースが増えました。

室内に入った日射を緩和するレースカーテンと室外ですだれなどの日除けを使い日射を防ぐ方法では熱の影響が7倍ぐらい違います。

窓はたくさんあると思いますので外で防ぐのはとても大事です。

 

日射の入り方(日除けの仕方)を検討して風の通り抜けに配慮して、あとは木陰の下が涼しく感じるのと同じように、屋根の断熱を強化してあげると家の中は思った以上に涼しい空間が生まれます。

風がなく外気温が暑いときには窓を開けても暑いだけなので、エアコンを使って冷やします。

熱が逃げにくいということは一度冷やすと、その冷えた室温を保ち続けてくれるわけです。

 

そういった理由から当社では断熱に気を使った家を造っています。

そのおかげで少ないエネルギーで家族が笑顔で気持ちよく暮らせる住まいが続きます。

 

間取りのご提案の前にお話を聞く際、

冬場に打ち合わせをすると「明るく、太陽の日射を取り入れ、暖かく」と言われ

夏場に打ち合わせをすると「なるべく自然の風で熱くならないようにしてほしい」と言われます。

矛盾しているようですが、これを実現するためには

「季節による太陽の角度」

「その土地での日当たり」

を計画する際に取り入れていくことが重要となります。

 

まず「季節による太陽の角度」ですが太陽が一番高い夏至の日は12時頃78度ぐらいの高さにあります。また冬至の日は12時頃32度ぐらいの高さにあります。

ですがここで気を付けないといけないことがありまして、夏至の角度が一番高いのですが、実際にはその日よりも8月とかの方が暑いわけで、夏至の角度を気にして夏の日差しの検討をするととーっても暑い日差しがばんばん入り込む住まいになります。

(この間違いはよく目にします)

ちなみにお盆の頃で69度くらいで4月の末頃と同じ角度になります。

そうなると暑い日差しをカーテンなど何もせずにいれたくないとなると4月末の頃に日射が入らないような設計をしていく必要があるわけです。

4月末は日射を入れたいよってなるならばそこには住んでる人が、日射を防ぐ工夫も担うわけです。(カーテンやすだれなど)

 

ここまでは真南に向いてるときはそうなるよーって話なので実際にはその敷地に合わせた「その土地での日当たり」を考慮していくわけです。

それは周りに建つ建物、周りに生えている樹木、またその土地の方位がどうなっているか?などです。

それを計画案の中に落とし込んでシミュレーションをしていきます。

 

まず冬はどうなんだということで

この時に庇の長さを長くしてみたり、短くしてみたり、シミュレーションのソフトも最近はとても優秀です。

次に夏のお盆ぐらいはどうなんだということで

植木は落葉樹想定なので夏場は緑になって影ができています。優秀なシミュレーションです。

 

ここまで検討するとあなたの家はみごと、太陽の日射をうまく利用できる住まいになるわけです。

別ページにも書いてありますが太陽というのは無料で利用できる最高の暖房器具であり、最高の照明器具でもあります。

たくさん使っても一切請求はきませんし、壊れることもありません。

 

地球に住んでて当たり前に利用できる「太陽」を設計に取り入れてうまく利用しましょう。

住まいは箱を置くことではありません。

決まったプランから選ぶのはそういったことを一切無視することになるので絶対におススメしません。

長く住む住まいだからこそしっかりした設計の上で進めてみてはいかがですか?

お問い合わせはこちらから。

住み心地のいい家は家族をずーっと笑顔にしてくれます。

春の足音が近づいてきましたので、これからの季節は花粉を度外視すれば気持ちのいい風を取り込みたくなるものです。

特に夏場の夜間の涼しい日などでは、その風を取り込むことで気持ちよく過ごすことができます。

そんな「風」はどうしたら家の中に入れることができるのかは考えたことがありますか?

 

「気持ちのいい大きい窓をつけよう」

「あちこちに窓をつけよう」

…基本的にはそれでいいのですが余分な大きさの窓は家の断熱の性能を損ないます。ホテルや見晴らしのいい場所ならいいと思いますが、普段生活する家で必要以上の大きさの窓は生活上、断熱だけでなく防犯的にもデメリットです。

またあちこちに窓をとることも、同じ理由でデメリットへと変身してしまいます。

いかに効率のいい付け方をするのかで室内への風の取り込みはとーーーっても大きく変わります。

 

まず平面計画でその差がでますのでどうしたらいいのかをお伝えします。

これから建築をお考えの方は以下を工夫するととーっても気持ちのいい風が取り込めます。

1. それぞれの部屋に2箇所以上の窓を設ける

2. 一つの面にしか窓を設けれない場合は風を取り込みやすい「タテスベリ窓」を設ける

3. 一つの面にしか窓を設けれない場合引き違いなど正面の風しか受け止められない窓は避ける

4. それぞれの窓はどの方向から吹いた風でも取り込みやすいように配慮する

 

これを意識するだけで随分と風を取り込みやすくなります。特に2については別名「ウインドキャッチ窓」といわれるぐらい風を取り込む効果が絶大です。

 

次は立体的に考えてみます。

京都の町屋に代表される「重力換気」という方法。

暖かい空気は勝手に上に上がっていき、冷たい空気は勝手に下に下がってくるというあたりまえのことを利用した方法。

この方法の最大のメリットは特に風がない日でも勝手にできる上下の温度差で換気が出来るという点です。

また高い位置につけた窓は防犯的に開け放しにしておいても問題になることがすくないため、夏場などは特に有効です。

そのポイントとしては

1. 階段室や吹き抜けを利用して高低差のある窓をつける

2. 上につける窓は夏の日射を避けるため、必ず北側につける

3. 上につける窓は家の中でもなるべく高い位置、または天井付近につける

4. 可能ならば防犯に配慮した開け放しができる小さな窓を1階の床付近につける

 

住まいを考えるうえでこの2点を「ちゃんと考えて」設計してあげると気持ちのいい風が取り込めます。

また地域によって吹く風の方向が違うということを理解してあげたり、その土地の周辺環境を考えて風の通り道を考えたりしてもらうと、その効果はより大きなものになるでしょう。

 

住まいは箱を置くことではありません。

その地域、その土地に合った計画がとても大事です。

気になった方、お問い合わせはこちらから

一生住む家だからこそ、しっかり考えましょう♪

pagetop