住まいの情報|豊橋市・田原市・豊川市で新築住宅・リフォームならニコハウス設計室。「ずっと安心。家族が笑顔で暮らせる住まい。」をコンセプトにした、子育て世代を応援する豊橋の設計事務所です。自然の力をデザインし、新築からリフォームまで幅広く提案します。無理をしないライフプランのデザインで、未来の大人たちを応援します。

0532-74-1310
お問い合わせフォーム
無料相談会フォーム

住まいの情報

TOP03

HOUSE INFORMATION住まいの情報

VIEW MORE

地球温暖化の話がニュースでも頻繁に取り上げられるようになりました。

ニコハウス設計室の住まいは少ないエネルギーで快適な空間を作ることで結果的に「未来の子供たちに住みやすい地球を残す」ことへの小さな小さな貢献ができると思って提案しています。

そういう住まいが増えることで、各家庭が使うエネルギーが減り、温暖化の原因となる二酸化炭素の量が減るわけです。

快適で地球にやさしい、それを適度な断熱気密と自然エネルギーの有効利用をし、実現させています。

 

なるべく機械に頼らない設計方法には順序があります。

1.  敷地の状況、周りの環境を現地にて確認し、その要素を取り入れた建物配置や建物形状とする

2. 年間を通した太陽からの日差しを夏はカットし、冬は取り入れるよう配慮する

3. 気候のいい季節はなるべく風が通り抜けるよう、窓の配置や開け方を考える。

まずは以上の3つをプランニングする際に考えます。

 

それをしたうえで断熱や気密という建築の材料やつくり方への配慮をします。

一定の地域で同じ家を作るメーカーなどは最初の手順を踏めないので断熱材と機械に頼った室内環境になるわけです。

またその3つを気にしない、または詳しくない方も同じように断熱材と機械に頼った室内環境になってしまいます。

 

最後に住むご家族に工夫をしてもらう。

例えば、東や西の窓は日差しの角度が低いので、どうしても室内に入ってしまいます。

夏場はその日射を入れないように雨戸をしめてもらったり、緑のカーテンなどをする。

冬場の天気のいい日はなるべく日差しを取入れ、家の中を太陽熱で暖める。

少ないエネルギーで過ごすには、住む方の工夫も重要になってきます。

 

ニコハウス設計室では必要以上にならないよう、そして一般的な機械だけで「住み心地」がよくなるよう、OB客さまに協力をいただいて温湿度の常時計測をし、またその住み心地をお聞きし、さらによい住まいとなるよう努力しています。

必要以上の断熱気密はお客さまのオサイフ負担を増やすだけですし、その数字上の満足度は建築側のエゴだと思っています。

特別な機械(全館空調や床暖房など)を入れるのは使用エネルギーが増えるだけでなく、故障の際のリスクも背負うことになり、家族のオサイフ負担が増えるだけだと思っています。

 

機械に頼ればとても簡単に快適な住み心地が実現できますが、自己満足の環境では未来の子供たちに住みやすい地球を残せません。

一件でも多くの家が地球へ気遣いが出来る住まいとなることを願うばかりです。

本格的な冬がやってきて、外出する際にはその寒さにびっくりします。

インフルエンザも流行ってきているようで、年末の大事な時期、みなさん身体には十分にお気を付けください。

 

寒い家にお住まいの方々へ、「効率のいい部屋の暖め方」を紹介します。

 

この時期の寒さの最大の原因は性能の低い窓のせいです。

窓際に行くとひんやりするその「ひんやり」が原因なのです。

コールドドラフトと呼ばれるのですが、下の絵のように窓を介して侵入した冷気は床面を伝って部屋の中へ侵入してきます。

そのコールドドラフトを防ぐように窓際床面近くに暖房器具を置くと冷えた空気が暖められながら部屋に入ってくるので効率よく部屋が暖められます。

これだけでも相当違うはずです。

またコールドドラフトへの対策としてカーテンを長めにして床面につけてしまうのも寒さ対策として効果的です。(掃除が大変になりますが…)

 

次の対策として扇風機やサーキュレーターなどを使って天井面に向け、送風をおこなってください。

寒い家ほど、下の図のように天井高さに対して一定の高さのところに暖かいゾーンと寒いゾーンの境目ができます。

送風機などはその熱の境目をより床面に近づくようにし、部屋の上下の温度差を少なくする効果があります。

エアコンが効かないといわれるのは、天井近くに設置されていて、いくら温度を上げ暖めても床近くに座っているご家族のところに届かないためです。

なのでホットカーペットや床近くで温めるファンヒーターなどが必須になるんですね。

新しい家でも床暖が必要になるのは寒い家の証拠です(笑)

 

最後に廊下など暖房していない部屋との温度差。

これはもう、どうしようもないのですが、暖房している部屋と、暖房していない部屋を断熱性のあるもので仕切ってあげることが大事です。

簡単な方法としては「断熱ブラインド」というものがあります。

例えばニチベイさんの「ハニカムスクリーン」  どんなものかはこちらから  

もちろん寒い窓にも使えます。その名の通り断熱性能がありますので、自宅で実験してみると窓際とブラインド室内側との温度差10℃程度ありました。

注意が必要なのは空気の行き来はしますので、室内の熱が窓際に伝わりにくくなることによる結露の促進が出てしまうことです。

それが嫌だなーと思う方は内窓をおすすめします。

例えばYKKAPさんの「プラマードU」 どんなものかはこちらから

 

一番いいのはしっかりした断熱気密をして少ない電気で部屋中を暖めることですがそこまでを求めていないご家族は上記を参考にこの寒い冬を乗り切りましょう。

 

古い家なのでどうしていいかわかりません

リビング階段作ったばっかりにさむいよ~

家は新しいんですけど、暖かくないんです

 

など悩まれている方はご相談ください。

ご相談はこちらから

ちょっとした内容でも遠慮なくお声かけ下さい。少しでも快適に過ごせるようアドバイスいたします。

朝晩に多少の冷え込みはありますが日中の気候がとても気持ちいい季節になりました。

 

この時期から窓辺の太陽光のありがたさを実感できるようになります。

夏場よりも太陽の高度が下がり家の奥まで光が届くのもこの時期ならではです。

よくブログに登場しますがこの窓から入る太陽光。

冬場の南面の窓からは平均336W/㎡の熱が入ってきます。

いわゆる「掃き出し」とよばれる外に出る一般的な窓の面積を考えるとだいたい1000W。

あなたの家の電気ストーブやホットカーペットなどかそれ以上のエネルギーを「無料」で提供してくれます♪

ですのでこの時期はレースカーテンなどせずにぜひたくさんの太陽の熱を取り込んでください。

当たり前ですが家の中がポカポカと暖まります。

陽が沈みかけたら、カーテンを締め、家を「保温モード」にしましょう。

性能の悪いサッシからは夜間に冷えた冷気が窓を通して伝わってきます。

可能ならば床についてしまうぐらいの長さのカーテンにしてください。

それだけで窓辺の寒さを解消できます。

 

それができない方は窓辺に暖房器具を置いてください。

室内に入ってこようとする窓辺の冷たい空気を温めてくれるので、室内側から暖房をするよりも効率が格段に良くなります。

ぜひぜひ実践を。

 

もっともっと快適に過ごされたい方は断熱を強化する「断熱改修リフォーム」をお勧めします。

ちゃんとやると寒いあなたの家は、少ないエネルギーで驚きの暖かさに!

お問い合わせはこちらから。

未来の子供たちに住みやすい地球を残すため、少ないエネルギーで快適に過ごす家いかがですか?

pagetop