高断熱の家、夏は暑い?|豊橋市・田原市・豊川市で新築住宅・リフォームならニコハウス設計室。「ずっと安心。家族が笑顔で暮らせる住まい。」をコンセプトにした、子育て世代を応援する豊橋の設計事務所です。自然の力をデザインし、新築からリフォームまで幅広く提案します。無理をしないライフプランのデザインで、未来の大人たちを応援します。

0532-74-1310
お問い合わせフォーム
無料相談会フォーム

住まいの情報

HOUSE

高断熱の家、夏は暑い?

2019.05.17

毎日が過ごしやすい季節になり窓をあけていても本当に気持ちがいいです。

ずーっとこんな感じの季節ならいいのですが、この先には暑―い夏が待ち構えているわけです。

 

この時期のお客様にある質問、「高断熱の家は夏暑くないですか?」というもの。

そのままなら「暑い」です。

高断熱よくないじゃんって思われるかもしれませんが、あくまで「そのまま」ならです。

窓から入る日射をそのまま取り入れているのが一番の原因。

高断熱の家で、特に軒の出が少なく、窓が多い家はこうした現状になっています。

(低断熱の家も昼間は温室のようになりますが、断熱性が低いと夜にはさっさと暑さが逃げていきます)

 

最近では緑のカーテンなどを使って日除けをしているケースが増えました。

室内に入った日射を緩和するレースカーテンと室外ですだれなどの日除けを使い日射を防ぐ方法では熱の影響が7倍ぐらい違います。

窓はたくさんあると思いますので外で防ぐのはとても大事です。

 

日射の入り方(日除けの仕方)を検討して風の通り抜けに配慮して、あとは木陰の下が涼しく感じるのと同じように、屋根の断熱を強化してあげると家の中は思った以上に涼しい空間が生まれます。

風がなく外気温が暑いときには窓を開けても暑いだけなので、エアコンを使って冷やします。

熱が逃げにくいということは一度冷やすと、その冷えた室温を保ち続けてくれるわけです。

 

そういった理由から当社では断熱に気を使った家を造っています。

そのおかげで少ないエネルギーで家族が笑顔で気持ちよく暮らせる住まいが続きます。

 

pagetop