情報過多時代の施工。|豊橋市・田原市・豊川市で新築住宅・リフォームならニコハウス設計室。「ずっと安心。家族が笑顔で暮らせる住まい。」をコンセプトにした、子育て世代を応援する豊橋の設計事務所です。自然の力をデザインし、新築からリフォームまで幅広く提案します。無理をしないライフプランのデザインで、未来の大人たちを応援します。

0532-74-1310
お問い合わせフォーム
無料相談会フォーム

近況報告

REPORT

情報過多時代の施工。

2022.08.25

豊橋で施工中のSさま邸。

お盆休み前より,基礎工事が始まりました。

これまでの基礎断熱では,基礎の上に施工をしていましたが,全国の工務店さんに見ていただく現場として参加させていただいている新建ハウジングさん主催,『【住まい環境プランニング・古川繁宏氏に学ぶ】施工で失敗しないHEAT 20・G2/G3実践塾』での指導により今回より基礎ベースの断熱は基礎の下に施工することにしました。

さまざまな勉強会に参加させて頂いたり,書籍を読み込んだり,他社のユーチューブやホームページなども見たり。

プロとして17年ぐらいは建築をさせていただいてますが,情報が多いので,プロであっても何が正解なのか常に探しています。

そんな中『これだ!』と思う方法を選択し,施工しているのが現状。

一般の方が多くの情報を入れすぎて,迷子になるのはとても理解が出来ます。

はっきり言って何が正解で何が間違いなのかも,個人の判断でしかありません。

そんなこともあって今回の勉強会に参加させていただくことにしました。

 

ニコハウス設計室として今回の断熱気密のゴールは

『結露で住宅寿命を地締める住まいをつくらない,結露で健康を阻害する住まいをつくらない,でも施工はわかりやすく簡単に』

結露なんて…と思うかもしれませんが,高気密高断住宅の結露は目に見える部分の話だけではありません。

ほとんどが見えない所でのお話です。

 

見られること,変えていくことは職人さん含め,みんな好きではありません。というか面倒だし,内心嫌だなと…(汗)

でもよりよくなるのは結果的にお施主さんも含めたみんながハッピーになります。

地域NO.1の設計施工工務店を目指して今日から勉強会がスタートします。

pagetop