解体後の測量。|豊橋市・田原市・豊川市で新築住宅・リフォームならニコハウス設計室。「ずっと安心。家族が笑顔で暮らせる住まい。」をコンセプトにした、子育て世代を応援する豊橋の設計事務所です。自然の力をデザインし、新築からリフォームまで幅広く提案します。無理をしないライフプランのデザインで、未来の大人たちを応援します。

0532-74-1310
お問い合わせフォーム
無料相談会フォーム

現場の状況

STATUS

解体後の測量。

2019.04.18

約3週間をかけて解体工事が行なわれた山本さんち。

天気のいい日が多かったので順調に進みました。

そして今日は現地にて再測量をしました。

鉄骨を解体した現場は、地面に埋まっていた大きなコンクリートの塊がごっそりとなくなり、解体前より地面が低くなってしまいます。

それがどれぐらいなのかの調査。

一般的に、敷地の高さ(建物が建つ地面の高さ)は道路より高くします。

計ってみると低いところで道路より20㎝程度の差がありました。

調整する必要がありそうです。

 

来週、地鎮祭を行い、翌日地盤調査をしますが、鉄骨の足元を壊したので弱いのは間違いなしです(汗)

これは鉄骨建築を解体する際の大きなデメリットなのですが、鉄骨は基礎に多くのコンクリートを使い「地中梁」というのを作ります。

だいたい1.5mぐらいの深さにその「地中梁」というコンクリートが地面に埋まっていますので、丈夫なわけですが、解体時に1.5m以上掘って取り出すわけです。

掘りたての地面は突き固めても、やっぱり柔らかいので、さすがに改良工事をして地面を強くした方がよさそうです。

30年以上住む住まいなので、その部分の安心も必要だとは思っています。

地縄を張って、週末に建物の配置を確認してもらったら、ゴールデンウイーク明けからいよいよ着工です。

 

山本さんちも出来上がりましたら内覧会を予定しています。

ご興味ありましたらぜひよろしくお願いします。

建築中の現場の様子を見たい方も大歓迎です。

お声かけよろしくお願いします。

pagetop