断熱リノベーション工事始まりました。|豊橋市・田原市・豊川市で新築住宅・リフォームならニコハウス設計室。「ずっと安心。家族が笑顔で暮らせる住まい。」をコンセプトにした、子育て世代を応援する豊橋の設計事務所です。自然の力をデザインし、新築からリフォームまで幅広く提案します。無理をしないライフプランのデザインで、未来の大人たちを応援します。

0532-74-1310
お問い合わせフォーム
無料相談会フォーム

現場の状況

STATUS

断熱リノベーション工事始まりました。

2019.07.25

子供たちも夏休みに入り、家の中でも生活に少し変化があり、

豊橋市もそろそろ梅雨明けかな~と思う、夏休みらしい…夏日が続いてます。

これからの時期、現場の職人さんたちも大変そうですが、暑さに負けず、お仕事頑張ります!

 

先週から、Kさま邸の断熱リノベーション工事が始まりました。

息子夫婦との同居に備えて…二世帯住宅のための断熱・耐震リフォームです。

かつては7人家族で暮らしていた家…部屋数も多く、

すべてをリフォームするには予算も増え、施工期間・施工場所も多くなるので、

2階の子供部屋と主寝室、1階は親夫婦の寝室、LDK、水廻りをリフォームする予定です。

まずは2階から工事開始。

およそ築50年の天井の梁はとても立派でした。

天井、壁を解体し、新しい床をはっていきます。

完全にスケルトンにした住まいなら断熱、気密への対策はしやすいのですが外壁はほとんど触らないのでその対策として

まずは気密のためのシートを張り、従来の床より少し上げ、さらに断熱材を入れて、1階と2階の間からの冷気を遮断します。

30年以上たった家は(最近造ったものでも寒い家はそうですが…)1階の天井と2階の床の間(階間といいます)に通る風が寒さを感じる原因なので、それを止めてあげることで室内環境が格段によくなります。

そこの隙間風自体は、家の木にとって悪いわけではないので、湿気はそこから逃がしてあげるように、本来外壁下地の防水で使うシートを逆向きに取り付けて、気密を確保しています。

古い家でも、夏は涼しく、冬は暖かい家造りを目指します。

 

1階・2階すべての工事が終わるのは12月。

少しづつ出来上がっていきますのでこれからもよろしくお願いします。

pagetop