サッシ廻りの配慮。|豊橋市・田原市・豊川市で新築住宅・リフォームならニコハウス設計室。「ずっと安心。家族が笑顔で暮らせる住まい。」をコンセプトにした、子育て世代を応援する豊橋の設計事務所です。自然の力をデザインし、新築からリフォームまで幅広く提案します。無理をしないライフプランのデザインで、未来の大人たちを応援します。

0532-74-1310
お問い合わせフォーム
無料相談会フォーム

現場の状況

STATUS

サッシ廻りの配慮。

2017.02.15

私事ですが先日、プリウスPHVの納車が3月中には出来るとの連絡をもらいました。 基本は電気自動車で遠出はハイブリット。 すごくいい組み合わせだと思います。 地球にやさしいことは未来への貢献だと思います。 納車がとても楽しみです♪   先日取り付けたサッシ。 高断熱な樹脂サッシですが細かい部分に弱点があります。 サッシ本体と躯体となる柱の隙間。 わずか1センチ程度ですが個人的にとーっても気になるわけで、 そのままにしておくわけにはいきません。 そこで登場するのが私でも施工可能なガンタイプの吹き付け断熱材。 こいつで家中の窓回りと隙間を埋めていきます。 そうするとさきほどあった隙間が こんな感じで埋まります。 これでより高気密でそして断熱にも配慮することが出来ます。 高いところも私が責任を持って充填します。 へっぴり腰ですが抜かりなく。 これで週末のユニットバス工事に備えることが出来ました。

pagetop